PAGETOP

サービス概要

クロマチン免疫沈降(Chromatin immunoprecipitation、略称 ChIP)は抗体を用いて特定のタンパク質に結合(相互作用)するDNA領域を回収する手法です。

 クロマチン免疫沈降(ChIP)と、次世代シーケンスを組み合わせることによって、転写調節因子やクロマチン結合タンパク質とDNAの結合部位を解析することが可能です。

 クロマチン免疫沈降により得られたChIP産物をシーケンスすることで得られたリード情報は、特定タンパク質の結合領域を指し示す配列情報の集合体です。リード情報をリファレンスに対してマッピングした場合、リードの集中する箇所が結合領域としてピーク状に検出されます。この領域情報、ピークコールなどの結果を納品します。

 なお、タンパク質・DNAにより結合能やその力価が異なり ChIP条件(回収に最適な断片サイズなど)は一様ではないため、ChIP産物の回収まではお客様にて調製をお願いしております。ご了承ください。

仕様

サンプル種類クロマチン免疫にて回収した断片化DNA ・10 ng以上 ・1 ng/µL以上(容量:10 µL)
解析法該当項目: なし
報告内容解析結果
目安納期お問い合わせ
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーマクロジェン・ジャパン
販売元
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード製品カタログ

    関連の受託サービス一覧

    GeneArt 遺伝子合成

    サーモフィッシャーサイエンティフィック

    GeneArt 遺伝子合成

    関連の機器一覧

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。