PAGETOP

製品の特長

お客様ご自身で目的配列を組み込んだレンチウイルスベクターをご用意いただくか,TransOMIC Technologies社のcDNAまたはORFクローンを選択いただけます(下記参照)。

ウイルス力価は,形質導入細胞での機能発現を測定する方法で決定します(ウイルス粒子要素の物理的な導入位置は確認しません)。

より一貫した信頼性の高い結果が得られるようにウイルスストックの高い品質を保証しています。

レンチウイルス粒子を作製する受託サービス

Lentivirus Packagingによるレンチウイルス粒子(Lentiviral particles)作製受託サービスです。レンチウイルスベクターをHEK293Tパッケージング細胞にコトランスフェクションすることによってパッケージングを行います。TransOMIC Technologies社により最適化された独自のプロトコルと試薬を用いて,高品質で信頼できるcDNAとORFクローンのレンチウイルス粒子を作製します。レンチウイルス粒子は,分裂・非分裂細胞および分裂終了細胞を含む幅広い細胞種への効率的な遺伝子導入に用いられています。

仕様

サンプル種類該当項目: なし
解析法該当項目: なし
報告内容該当項目: なし
目安納期該当項目: なし
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーtransOMIC technologies, inc.
販売元フナコシ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。