PAGETOP

人工染色体ベクターによる安定発現細胞株作製

    製品の特長

    数Mb単位の領域が挿入可能

    数Mbの目的遺伝子領域の導入が可能

    宿主染色体とは独立して細胞内で複製

    宿主細胞内で一定のコピー数で安定に維持

    宿主遺伝子破壊の可能性を低減

    導入遺伝子の発現がサイレンシングや過剰発現を受けにくい

    概要

    タカラバイオを窓口として、染色体工学を専門とするchromocenter社の人工染色体ベクターを用いた安定発現細胞株作製サービスをご提供いたします。

    人工染色体ベクターを用いた遺伝子導入法は、プラスミドベクターやウイルスベクターに次ぐ新しい遺伝子導入法として期待されています。

    仕様

    サンプル種類お問合せ
    解析法該当項目: なし
    報告内容作業報告書 作製した安定発現細胞株
    目安納期お問合せ
    その他該当項目: なし
    メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
    表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
    メーカーchromocenter
    販売元タカラバイオ
    メーカーサイト製品ページ
    カタログダウンロード

    ※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

    マウス人工染色体(MAC)の概要

    マウス人工染色体(MAC)の概要

    • マウス人工染色体(MAC)の概要
    • 微小核細胞融合法(MMCT)による染色体移入
    • MACベクターを用いた挿入型発現細胞株作製の流れ(hprt再構築の場合)
    • MACベクターを用いた転座型発現細胞株作製の流れ

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。