PAGETOP

製品の特長

シングルセル等から調製された微量RNAのRNA-Seq解析

微量検体の遺伝子発現定量解析に最適

SMART-Seq v4 Ultra Low Input RNA Kit for Sequencingを用いた高感度解析

スプライシングバリアントや融合遺伝子の検出にも対応

概要

1-1000細胞またはpgオーダのtotal RNAなどの微量検体からcDNAを調製することができるSMART-Seq v4 Ultra Low Input RNA Kit for Sequencingを用いた遺伝子発現解析です。微量組織、ソーティング細胞などから調製されたtotal RNAをバイアス少なく増幅し、遺伝子発現解析を実施いたします。既知遺伝子の発現量定量だけでなく、スプライシングバリアントを区別したtranscript単位の定量や、新規遺伝子の検出定量も可能です。

FFPE組織/LCM由来など分解の進んだRNAに対応したSMART-Seq Stranded Kitを用いた解析も可能です。

仕様

サンプル種類お問合せ
解析法次世代シークエンス
報告内容作業報告書 シーケンスデータ一式 発現情報、マッピング結果ファイル等
目安納期お問合せ
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカータカラバイオ
販売元タカラバイオ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード製品カタログ

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

作業の流れ

作業の流れ

  • 作業の流れ
  • 遺伝子発現解析結果例
  • Mapping結果表示例(IGV)

注意事項

  • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
  • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。