PAGETOP

DIAプロテオーム解析受託サービス リン酸化タンパク質の同定と相対定量解析

    製品の特長

    かずさDNA研究所にて実施の安心の受託サービス

    分析深度と定量性に優れるDIA解析

    最大20000リン酸化ペプチド断片が観測できる高深度DIAリン酸化プロテオーム解析、最大12000リン酸化ペプチド断片が観測できる標準DIAリン酸化プロテオーム解析

    概要

    従来のプロテオーム解析はトランクリプトーム解析と比較すると分析深度が低く、3,000~5,000種類のタンパク質しか観測することができませんでした。これでは様々な分野で着目されることの多いキナーゼや転写因子などの微量タンパク質を観測するには不十分であり、さらなる分析深度の拡大が期待され続けてきました。本サービスの解析を担うかずさDNA研究所では次世代プロテオミクスと称されている分析深度、定量性に優れたDIAプロテオミクス技術を独自に最適化し、さらに最新鋭の質量分析計で測定することにより、哺乳類培養細胞から最大10,000種類のタンパク質を同定・比較定量を行えるシステムを構築しました(観測できるタンパク数はサンプルの種類に依存)。当受託ではこの最新鋭のシステムを用いた世界最高峰のプロテオーム解析を提供いたします。

    ● 使用機器

    Orbitrap Exploris 480 (Thermo Fisher Scientific社)

    Q-Exactive HF-X (Thermo Fisher Scientific社)

    仕様

    サンプル種類培養細胞、組織、タンパク質抽出物、血漿・血清、培養上清、ホルマリン固定パラフィン包埋組織など 本サービスはタンパク質配列が解析されている生物種が対象となります。
    解析法質量分析
    報告内容MS測定データ (.rawファイル)、タンパク質同定・相対定量解析データ(解析ソフトウェア DIA-NN で出力されるデータ)、観測されたタンパク質名、タンパク質の定量値などを記載したリスト(Excel ファイル)をHDD、DVD-R またはUSB メモリスティックに収納して納品
    目安納期4週間~
    その他作業内容: タンパク質抽出(サンプルが凍結培養細胞、凍結動物組織の場合)+トリプシン消化+リン酸化ペプチド濃縮+質量分析
    メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
    表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
    メーカーかずさゲノムテクノロジーズ
    販売元プロメガ
    メーカーサイト製品ページ
    カタログダウンロード製品カタログ

    ※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

      注意事項

      • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
      • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。