PAGETOP

製品の特長

昆虫細胞での高レベル遺伝子発現に最適!

大量の組換えタンパク質を産生

細菌、ウイルス、植物、哺乳類の遺伝子を1~500 mg/Lレベルで発現可能

リン酸化、グリコシル化およびアシル化等の複数の翻訳後修飾が可能

バキュロウイルス作製サービス (10^6 IU/mL または10^7 IU/mL):導入遺伝子の合成からバキュロウイルスのパッケージングまでトータルサポートします。

リポーター改変サービス:APB 社またはお客様のベクターに GFP または RFP を挿入、置換、削除します。

概要

バキュロウイルスは異種遺伝子を発現させるために使用されるヘルパー非依存性ウイルス系です。バキュロウイルス発現ベクターシステム(BEVS)は、広範な宿主に効率的に感染する能力と、導入遺伝子の高発現を実現する能力のために、ほとんどの細胞において長期遺伝子発現を確立できることが知られております。ポリヘドリンおよびp10は、バキュロウイルスの培養に必須ではない遺伝子と考えられており、導入したい遺伝子配列と置換することが可能です。また、細菌発現系と比較して、昆虫細胞で産生された組換えタンパク質の翻訳後プロセシングおよびフォールディングは哺乳類のプロセスにより類似しており、機能性タンパク質の収量ははるかに大きいです。この技術とウイルスパッケージングの専門知識を組み合わせることにより、APB社はバキュロウイルスサブクローニングとウイルス産生サービスをご提供し、昆虫細胞での高レベル遺伝子発現を可能にします。

仕様

サンプル種類お問合せ
解析法該当項目: なし
報告内容お問合せ
目安納期遺伝子合成および/またはサブクローニング :約2週間 ウイルス生成と表現の評価 :5-7 週間 オプション タンパク質の精製 :5-6 週間
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーApplied Biological Materials Inc.
販売元コスモ・バイオ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

バキュロウイルス作製ステップ

バキュロウイルス作製ステップ

    関連の受託サービス一覧

    GeneArt 遺伝子合成

    サーモフィッシャーサイエンティフィック

    GeneArt 遺伝子合成

    ウサギポリクローナル抗体作製 - バリュー抗体

    ユーロフィンジェノミクス

    70,000
    円〜 (税別)

    ウサギポリクローナル抗体作製 - バリュー抗体

    タンパク質発現受託サービス Expi293 発現系

    サーモフィッシャーサイエンティフィック

    タンパク質発現受託サービス Expi293 発現系

    関連の機器一覧

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。