PAGETOP

製品の特長

微量タンパク質まで網羅的に定量・同定可能!

DIAプロテオーム解析では、最新鋭の質量分析計であるQ-Exactive HF-X(Thermo Fisher Scientific 社)を用いて分析深度と定量性に定評のあるData-independent acquisition (DIA)分析法でプロテオーム解析

一度の分析で最大8,000種類のタンパク質を観測

サンプル間で個々のタンパク質の量的比較を行うことが可能

当受託サービスはサンプル前処理からDIAプロテオーム解析までを一貫して行うワンストップサービス

サンプルを送付するだけで高深度なプロテオーム解析データを入手可能

概要

■高深度プロテオーム解析を行う利点

1種類の哺乳類細胞の中には10,000~12,000種類のmRNAが発現し、タンパク質の種類も同等数存在するだろうと想像されています。その中でも生体システムの様々なパスウェイを構成するキナーゼや転写因子などのタンパク質は微量ながら、生命維持に極めて重要な働きをすることが知られています。これらのタンパク質の変動は疾患に直結し様々な疾患の創薬ターゲットやバイオマーカーとなるため、それらの蓄積量の定量解析への期待は非常に大きいものです。しかしながら、これまでの一般的なプロテオーム解析では分析深度が足らず(およそ3,000タンパク質程度前後)、細胞内の微量タンパク質を観測するには不十分な感度でした。そのため、より微量なタンパク質を捕えるためにさらなる分析深度の向上に向けた取り組みが続けられています。当受託サービスのDIAプロテオーム解析システムでは、ヒト由来の培養細胞であるHEK293細胞において8,000 以上のタンパク質を観測し(かずさDNA研究所での未公開データ)、3,000程度のタンパク質が観測される一般的なプロテオーム解析結果と比較すると、キナーゼと転写因子の観測数はともに4倍以上に増加しています(試料によって観測できるタンパク質数は異なりますのでご注意ください)。当システムでも未だすべてのタンパク質が網羅できているわけではありませんが、プロテオーム解析における分析深度の問題を大きく改善することに成功しました。こうした技術を駆使した当受託サービスをご利用頂くことで高発現量のタンパク質から今まで観測が難しかった微量タンパク質までを網羅的に解析することができます。

仕様

サンプル種類細胞培養上清:無血清培地、血清・血漿
解析法該当項目: なし
報告内容お問合せ
目安納期サンプルからのエクソソーム調製 : お問合せ 簡易DIAプロテオーム解析による蛋白質発現・相対定量解析 : 4週間 DIAプロテオーム解析による蛋白質発現・相対定量解析 : 4週間 高深度DIAプロテオーム解析による蛋白質発現・相対定量解析 : 4週間
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーハカレル
販売元コスモ・バイオ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

Q-Exactive HF-X(Thermo Fisher Scientific 社

Q-Exactive HF-X(Thermo Fisher Scientific 社

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。