PAGETOP

酸化ストレスのマーカー8-OHdGの定量

ELISAより選択性の高いLC-MS/MSを用いた,尿中の8-OHdGの定量分析受託サービスです。紫外線やストレスを受けるとDNA中のグアニン塩基は活性酸素の作用により損傷を受け,8-ヒドロキシデオキシグアノシン(8-OHdG)が生成します。この8-OHdGはDNAが修復される段階で細胞外に排除され,尿中に排泄されることが知られています。8-OHdGは比較的安定な化合物で,速やかに生体外(尿)に排泄されることから,酸化ストレスのマーカーとして利用されています。LC-ECD(電気化学検出器),ELISAなどの測定法がありますが,選択性の高いLC-MS/MSを用いた定量分析を実施しています。

仕様

サンプル種類該当項目: なし
解析法該当項目: なし
報告内容該当項目: なし
目安納期該当項目: なし
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーカネカテクノリサーチ
販売元
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。