PAGETOP

概要

ノックインとは外来遺伝子導入法とも呼ばれる方法です。マウス以外の遺伝子をマウスゲノム上に導入し,タンパク質の機能を解析する方法です。任意の遺伝子座に外来遺伝子を導入,また外来遺伝子のマウスにおける相同遺伝子を破壊するような形で導入する事も可能です。後者は特にノックアウトーノックイン法とも呼ばれています。具体的には膜タンパク質の膜外ドメインだけのヒト化や,標的タンパク質への点変異導入が可能です。マウスタンパク質の局在を調べるためレポータータンパク質(LacZ やGFP)との融合もノックインマウス作製に該当します。株式会社トランスジェニックが行っている遺伝子改変マウス受託において,最も高度な技術を要するマウス作製受託です。

仕様

サンプル種類該当項目: なし
解析法該当項目: なし
報告内容該当項目: なし
目安納期該当項目: なし
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカートランスジェニック
販売元
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。