PAGETOP

製品の特長

DNA合成時に放出されるピロリン酸の量を測定することで配列決定を行うパイロシークエンス法を用いています。

厳しい品質保証基準に従い,全てのプライマーについてパイロシークエンス法の適用を検証しています。そのため,非常に良質な成果を生み出せます。

約100 bpの標的領域を解析できます。

解析可能な試料例:培養細胞,凍結組織など

パイロシークエンス法によるDNAメチル化解析

メチル化を解析したパイログラムDNAメチル化解析用にバイサルファイト処理を行うことで,DNA中のメチル化されていないシトシン(非メチル化シトシン)をウラシルに変換します。ウラシルはPCR増幅後,チミジンになります。それにより,残ったシトシンの割合が,解析目的のゲノムDNA領域のメチル化の割合と見なされます。

仕様

サンプル種類該当項目: なし
解析法該当項目: なし
報告内容該当項目: なし
目安納期該当項目: なし
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーAnyGenes SARL
販売元フナコシ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。