PAGETOP

製品の特長

タグ付きタンパク質の作製から質量分析による同定まで,トータルに実験をサポートします。

核内転写因子複合体などの解析にも最適です。

目的に応じてタンパク質の発現系( E. coli,真核細胞 )を選択できます。

部分的なコース解析( 例:免疫沈降〜タンパク質の同定,タグ付きタンパク質の調製のみ,など )も選択可能です。

概要

Pull - down 法は,特定のタンパク質に対して相互作用するタンパク質を探索する技術として有効な解析手法のひとつです。タグペプチドを結合させたターゲットのタンパク質と相互作用によって結合したタンパク質を免疫沈降により分離し,得られたタンパク質を質量分析を用いて同定します。

仕様

サンプル種類該当項目: なし
解析法該当項目: なし
報告内容該当項目: なし
目安納期該当項目: なし
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーいであ
販売元フナコシ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。