PAGETOP

製品の特長

長管骨を用いた3点曲げ試験(破断試験)で,主に皮質骨の強度についての情報が得られます。

一般的には,ラット,イヌ,サル等の大腿骨・脛骨で3点曲げ試験,腰椎で圧縮試験が行われます。マウスの場合は,検体が小さいので大腿骨を用いて3点曲げ試験を行います。

測定は,検体を摘出後直ちに行うことが望ましいのですが,凍結保存して後日測定することも差し支えないとされています。ただし,この場合,検体を乾燥させないこと,凍結融解を繰り返さないよう注意が必要です。

骨力学測定

体の支持器官としての骨の物理的強度を検討します。3点曲げ試験,圧縮試験,動的粘弾性試験を承ります。

仕様

サンプル種類
解析法
報告内容
目安納期
その他
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカークレハ分析センター
販売元
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。