PAGETOP

有限会社ジャパン・ラム 新規ポリペプチドタグ(Cry-tag)を用いたタンパク質産生受託サービス

    製品の特長

    宿主に対する細胞毒性を無毒化して発現,蓄積するため,E. coli での発現が困難であったタンパク質の産生に特に有用です。

    プロテアーゼによる分解や,不可逆的な凝集からタンパク質を保護するため,タンパク質の発現量が向上します。

    当技術で産生する結晶封入体は,一般的な封入体とは異なり,アルカリ溶液または変性剤 (8 M Urea など) にて簡単に溶解し,再び結晶封入体を形成することは無いため,扱いが非常に容易です。

    Cry-tag にはプロテアーゼ認識配列が組み込まれているため,Cry-tag と目的タンパク質とをプロテアーゼによって容易に分離,除去することが可能です。

    概要

    目的遺伝子を新規ポリペプチドタグとの融合タンパク質として,E. coli で発現させる受託サービスです。本発現法を用いると,活性を保持した目的タンパク質を容易に回収することが可能です。

    仕様

    サンプル種類
    解析法
    報告内容
    目安納期
    その他
    メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
    表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
    メーカージャパン・バイオシーラム
    販売元
    メーカーサイト製品ページ
    カタログダウンロード

      注意事項

      • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
      • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。