PAGETOP

ウサギモノクローナル抗体作製受託サービス

    製品の特長

    抗体ダイレクトクローニング技術により,高親和性を有するウサギモノクローナル抗体を得られることが期待されます。

    専用の発現ベクターを用いて,抗体遺伝子ライブラリーを構築します。抗体遺伝子ライブラリーを大腸菌に導入し,プレート上にコロニーを形成させると同時に発現誘導することで,短時間に多くのクローンを同時に評価することができます。

    寒天培地上にクローンを播種するため,ハイブリドーマ法に比べて10倍以上の陽性クローンを得ることが可能です。

    多数のクローンを評価することにより,多くの陽性クローンを得られることから,高親和性のモノクローナル組換え抗体の取得が可能です。

    選択した陽性クローンはそのまま抗体を再発現することが可能です。そのため,多種類の項目を簡単に短時間で評価することが可能です。

    得られる抗体は,一本鎖抗体(scFv : single chain Fv)です。クローンを樹立した後,FabやIgGへ構造を改変することが可能です。

    得られた抗体に検出酵素やヒトのIgG定常領域を融合することで,様々なアプリケーションに用いることが可能です。

    組換え抗体の大量生産が可能です。

    抗体は,分泌発現するため簡便に精製が可能です。

    得られたクローンが産生する抗体はAPが融合されているため(アルカリフォスファターゼ(AP)融合scFv),クローンを樹立した後,そのまま検出抗体としても使用可能です。また,FabやIgGに容易に改変することも可能です。

    納品いたしました抗体可変領域の配列の権利は,お客様に帰属いたしますので,ご自由にお使いいただけます。

    抗体ダイレクトクローニング技術による組換え抗体作製

    高親和性のモノクローナル組換え抗体を取得できる独自のシステム「抗体ダイレクトクローニング技術*」を用いて,お客様の抗原に対するウサギモノクローナル抗体を作製する受託サービスです。抗原を免疫したウサギのリンパ組織から抗体ライブラリーを構築し,大腸菌に遺伝子導入後,コロニー形成時に発現誘導を行うことで,目的抗体を産生するクローンの同定とクローニングを同時に行い,高親和性のモノクローナル組換え抗体を取得します。

    仕様

    サンプル種類
    解析法
    報告内容
    目安納期
    その他
    メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
    表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
    メーカーバイオピーク
    販売元
    メーカーサイト製品ページ
    カタログダウンロード

      注意事項

      • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
      • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。