PAGETOP

製品の特長

対象試料:生体試料(ヒト含む)・食品など

多くの一次代謝産物のうち,低極性成分である脂肪酸を対象として分析します。

複数試料解析が可能なため,試料数内であれば反復測定,標準品測定など試料の組み合わせは自由に設定可能です。

高い定量性を有するガスクロマトグラフィー連結質量分析装置GCMS-QP2010 Ultraを使用します。10,000 u/sec以上の高速Scan測定と高感度測定が可能です。

案件毎にチューニングやN-Alkane測定による分析機器の精度管理を行っています。

納期:分析開始から約1ヶ月

メタボローム受託解析

かずさDNA研究所(メーカー略称:KDR)のGC-MS脂肪酸解析受託サービスは,生体試料や食品中に含まれる,多くの一次代謝産物のうち,低極性成分である脂肪酸を対象として,最大50種類の脂肪酸データベースとの照合および,全検出ピークを用いた多変量解析を実施する受託サービスです。医学,薬学,理学,農学,食品などの分野で有効にご利用いただけます。

仕様

サンプル種類
解析法
報告内容
目安納期
その他
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカー公益財団法人かずさDNA研究所
販売元
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。