PAGETOP

糞便からの腸内細菌のゲノムDNA抽出と定量解析サービス

    製品の特長

    糞便試料からのDNA抽出は,複数のプロトコルで対応できます。

    P2実験室内に設置された糞便処理専用の実験施設と器具を用いて作業を行います。

    抽出されたDNAは,次世代シーケンス解析,リアルタイムPCR解析およびPCR-RFLP(Restriction Fragment Length Polymorphism:制限酵素断片長多型)解析などに利用可能です。

    各種腸内細菌定量に対応したPCR プライマーセットがあり,総菌数,バクテロイデス属,クロストリジウム属,ビフィドバクテリウム属およびプレボテラ属などの菌種を絶対定量で算出します。ご指定の属種のみの定量も可能です。

    腸内フローラ解析

    糞便からのゲノムDNA 抽出と,細菌16S rRNA 遺伝子を標的としたリアルタイムPCRの定量により,腸内フローラの解析を行います。合同会社PGL(ピージーエル)(メーカー略称:PGL)では,16S rRNA遺伝子をターゲットとしたリアルタイムPCR系を確立し,腸内フローラ解析の1000を超える解析実績を有しています。

    仕様

    サンプル種類該当項目: なし
    解析法該当項目: なし
    報告内容該当項目: なし
    目安納期該当項目: なし
    その他該当項目: なし
    メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
    表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
    メーカーPGL(ピージーエル)
    販売元
    メーカーサイト製品ページ
    カタログダウンロード

      注意事項

      • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
      • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。