PAGETOP

製品の特長

糞便中のカルプロテクチンをELISA法で測定します。

CD(クローン病)やUC(潰瘍性大腸炎)に対する特異性や感受性が高いため,再発リスクマーカーとして有用です。またIBD(炎症性腸疾患)のスクリーニング方法として,非侵襲的で有用な方法であるとされています。

概要

カルプロテクチンとは,主に好中球(一部,単球や活性化マクロファージ)の細胞質の6割に達するほど多く含まれている,カルシウム結合タンパク質で,便中においても安定です(室温で1週間)。好中球の管腔への移行に比例して,糞便中のカルプロテクチン濃度が上昇することが知られています。IBD(炎症性腸疾患)ではCRPよりも高感度であり,大腸癌ではFOBT(便潜血反応検査)よりも高感度のマーカーとして注目されています。また,便中カルプロテクチンが50μg/gを超えると,再発リスクが13倍上昇することが報告されています。

仕様

サンプル種類該当項目: なし
解析法該当項目: なし
報告内容該当項目: なし
目安納期該当項目: なし
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカー自然免疫応用技研
販売元
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。