PAGETOP

ヒト細胞を用いた遺伝毒性試験受託サービスNESMAGET®

    製品の特長

    野生型p53を発現するヒト乳癌培養細胞MCF-7,またはヒトリンパ芽球培養細胞TK6*を使用します。

    試験期間が24時間(MCF-7細胞),または6時間(TK6細胞)と短いため,納期は約1週間です。

    微生物では検出できなかった遺伝毒性物質の検出も可能です。

    従来の哺乳類細胞を用いるin vitro遺伝毒性試験に比べ,偽陽性反応が非常に少なくなります。

    少量の試験物質で試験が可能です(Ames試験と比べ1/100量)。

    S9ミックスによる代謝活性化を必要とする化学物質にも適用できます。

    発光による検出のため,蛍光物質や色素なども試験できます。

    あらゆる化学物質の初期スクリーニングに最適です。

    化学物質による遺伝毒性の初期スクリーニングに有用な受託サービス

    食品安全研究所(日清食品ホールディングス株式会社)の遺伝毒性試験受託サービスNESMAGET®は,p53R2の発現に基づくヒト細胞を用いた遺伝毒性試験法です。化学物質によってDNAが損傷を受けると,活性化したp53がDNA修復遺伝子であるp53R2に結合し,その発現を調節します。従来用いられているAmes試験や哺乳類細胞を用いるin vitro遺伝毒性試験と比較して,ヒト細胞を用いた本サービスは,ヒトに対する遺伝毒性発癌物質の検出に優れていると考えられています。※NESMAGET®:Nissin''s Evaluation Systems for MAmmalian GEnoToxicity

    仕様

    サンプル種類
    解析法
    報告内容
    目安納期
    その他
    メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
    表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
    メーカー日清食品ホールディングス
    販売元
    メーカーサイト製品ページ
    カタログダウンロード

      注意事項

      • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
      • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。