PAGETOP

製品の特長

リン酸化プロテオミクスの特徴

標準的な培養細胞から3000種類以上のリン酸化ペプチドについて試料間の計量比較情報を取得できます。

様々な生物種に対応可能。

分析サービスの概要

タンパク質のリン酸化は重要な翻訳後修飾のひとつであり、とくに可逆的なリン酸化は細胞内シグナル伝達の中心的な役割を担っています。メディカル・プロテオスコープの分析サービスでは、リン酸化ペプチドの選択回収技術と非標識 LC-MS/MS を用いてリン酸化プロテオームを分析します。

仕様

サンプル種類・培養細胞 ・組織検体 ・プルダウン試料 ・精製タンパク質 など多数。
解析法二酸化チタン(チタニア、TiO2)を用いたリン酸化ペプチドの選択回収 非標識LC-MS/MS
報告内容リン酸化ペプチドの同定計量一覧 分析報告書
目安納期該当項目: なし
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーメディカル・プロテオスコープ
販売元メディカル・プロテオスコープ
メーカーサイトお問い合わせ
カタログダウンロード製品カタログ
リン酸化ペプチドの回収手順

リン酸化ペプチドの回収手順

    関連の機器一覧

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。