PAGETOP

製品の特長

P1レベルで高効率に遺伝子導入できるウイルスベクター

血清型1、2、5、6から目的にあったAAVベクターを選択可能

タカラバイオ独自のAAVベクター抽出法により高純度ウイルスベクター液を作製

1012 vg(vector genomes)以上の高力価ウイルスベクターをご提供

概要

アデノ随伴ウイルスベクター作製キットAAVpro Helper Free System(製品コード 6230:AAV2 など) を用いて、目的遺伝子を搭載した血清型1、2、5、6のアデノ随伴ウイルスベクターを、ヘルパーウイルスを使用せずに安全に作製いたします。

AAV2ベクターの作製には力価向上効果のあるmiRNAの発現カセットを含むpRC2-mi342プラスミドDNAを使用しています。また、タカラバイオ独自のウイルスベクター抽出法により、高力価、高純度のアデノ随伴ウイルスベクターを作製いたします。

CRE Recombinase発現AAVベクター、LacZ発現AAVベクターについても専用のアデノ随伴ウイルスベクター作製キットAAVpro Helper Free System(AAV2-CRE Recombinase)(製品コード 6652)、AAVpro Helper Free System(AAV2-LacZ)(製品コード 6655)などを用いて作製いたします。

アデノ随伴ウイルスベクターを用いた遺伝子導入法は、以下の利点を持ち、多くの遺伝子導入実験に利用されています。

1.拡散防止措置P1の施設でも取扱いが可能

2.増殖/非増殖のいずれの細胞にも遺伝子導入が可能

3.免疫原性が低く、動物個体への遺伝子導入に最適

4.非分裂細胞にて長期間の発現が可能

仕様

サンプル種類お問合せ
解析法該当項目: なし
報告内容・アデノ随伴ウイルスベクター液 ※血清型、搭載遺伝子、製造スケールで変動 10^12 vg~ ・精製アデノ随伴ウイルスベクター作製の場合 ※血清型、搭載遺伝子、製造スケールで変動 10^11 vg ・作業報告書
目安納期問い合わせ
その他1. アデノ随伴ウイルスベクターの作製 : ¥950,000
2-1. アデノ随伴ウイルスベクターの精製(細胞ペレットからAAVを回収) : ¥550,000~
2-2. アデノ随伴ウイルスベクターの精製(細胞ペレットおよび培養上清からAAVを回収) : ¥1,400,000~
2-3. アデノ随伴ウイルスベクターの精製(超遠心) : 別途ご相談
(オプション):
プラスミドDNAの作製 : ¥170,000~/件(遺伝子長で変動)
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカータカラバイオ
販売元タカラバイオ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード製品カタログ

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

AVVベクター作製の流れ

AVVベクター作製の流れ

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。