PAGETOP

製品の特長

高効率かつ安定な遺伝子導入システム

レンチウイルスベクターでは神経細胞等の非分裂細胞にも遺伝子導入可能!

タカラバイオ製pLVSINベクターを利用いただけます

安定発現細胞作製も承ります

概要

SIN (Self inactivating) 型の高発現用CMVプロモーターを搭載したpLVSIN-CMVおよびサイレンシング耐性のあるEF-1αプロモーターを搭載したpLVSIN-EF1αを販売しています。

レンチウイルスベクター作製受託サービスでは、これらのプラスミドベクターと、タカラバイオオリジナルの一過性ウイルスベクター産生システムを用いて、目的遺伝子を搭載した高力価のレンチウイルスベクターを作製いたします。

レンチウイルスベクターを用いた遺伝子導入法は、一般的に以下の利点を持ち、動物細胞への効果的な遺伝子導入法として、多くの遺伝子導入実験に利用されています。

1.初代培養細胞、幹細胞、神経細胞、非分裂細胞を含むほぼ全ての哺乳類細胞に遺伝子導入できる。

2.安定な遺伝子導入細胞株を得ることができる。

3.ヒト、マウスおよびラットを含む多くの動物細胞に遺伝子導入できる。

4.動物個体に直接遺伝子導入できる。

仕様

サンプル種類お問合せ
解析法該当項目: なし
報告内容レンチウイルスベクター液 約10 ml×2種類、参考タイター 107~109 copies/ml 作業報告書
目安納期レンチウイルスベクターの作製 : 8~9週間 (オプション) プラスミドDNAの構築: 4~7週間 レンチウイルスベクターによる遺伝子安定発現細胞株作製 : 12週間~
その他該当項目: なし
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカータカラバイオ
販売元タカラバイオ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード製品カタログ

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。