PAGETOP

製品の特長

ヒト培養細胞由来サンプルより、STR(short tandem repeat)遺伝子型を決定

ヒト細胞株の同一性の確認、同種細胞株内のクロスコンタミネーションの検出に

概要

近年STR型判定によりヒト培養細胞を同定する手法が一般的になっており、ヒト培養細胞の品質管理やiPS研究に利用されています。弊社では世界的基準となっているプロメガ社のSTR分析キットを使用して、提供サンプルのSTR型判定を行います。

●STR分析(10 Locus)

プロメガ社GenePrint 10 Systemを使用して、10Locusについて分析を行います。ヒトゲノム内に存在する10種類のローカス(9種のSTRローカス+性別同定のためのアメロゲニン [D21S11, TH01, TPOX, vWA, Amelogenin, CSF1PO, D16S539, D7S820, D13S317 and D5S818])を対象とします。

仕様

サンプル種類お問合せ
解析法STR分析
報告内容作業報告書 解析データ ・alleleデータ(Excel) ・波形データ
目安納期10日~
その他STR分析(10 Locus) : ¥18,000 1検体あたり
メーカー希望小売価格(税別)18,000円
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカータカラバイオ
販売元タカラバイオ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード製品カタログ

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。