PAGETOP

抗がん作用、抗転移作用薬剤のマウスモデルによる薬効評価試験(生体蛍光イメージング法)

    製品の特長

    がん細胞移植マウスのin vivoイメージングを用いる抗がん剤等のリード化合物の薬効を評価いたします。

    80 種類以上の蛍光タンパク質(GFP/RFP)導入がん細胞を国内在庫しています。

    ご指定のがん細胞に蛍光タンパク質(GFP/RFP)を導入いたします(納期:3ヶ月)。

    ヒトと同じ挙動で増殖・転移するがんのマウスモデル(MetaMouse®)、がんの増殖や血管新生をリアルタイムで、非侵襲的に、定量的に測定する技術(OncoBrite®)、GFP,RFP,CFPトランスジェニックマウス、4 社の蛍光イメージング装置を所有しています。

    ヒトでのがんと同様の転移挙動を示す“外科的同所移植(SOI)”にて腫瘍片を移植します。一般的に行われています皮下移植とは薬効、転移能が異なります。

    がん細胞の増殖・退縮の観察、抗がん剤の治療効果をリアルタイムでモニターします。

    実際に測定する腫瘍面積(イメージング法)と腫瘍体積の相関性が認められています。

    血管新生のタイムコースの測定が可能です。

    概要

    以下の項目を選択あるいは指定をお願いいたします。これらを基に、プロトコールをお届けいたします。

    使用するマウスの種類 :ヌードマウス、GFP, RFP, CFPヌードマウス 他 群数(群名)、各n数

    がん細胞 :カタログ掲載細胞 他

    がん細胞の導入方法 :外科的同所移植、皮下移植、尾静脈注入 等 薬剤の投与ルート、頻度、時期: 腹腔、尾静脈、経口投与、その他

    蛍光イメージャー :オリンパス製 OV100、Indec製 FluorVivo100、UVP製 iBOX

    イメージング方法 :全身イメージング、necroscopy, cell-cell interaction等

    イメージング頻度 :がん細胞の増殖スピード、転移の時期・臓器等の情報が当社にあります場合はご連絡いたします。

    仕様

    サンプル種類薬効評価試験(生体蛍光イメージング法)
    解析法生体蛍光イメージング法
    報告内容最終報告書 イメージング写真 その他、ご指定いただいた資料 等
    目安納期お問合せ
    その他該当項目: なし
    メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
    表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
    メーカーアンチキャンサージャパン
    販売元富士フイルム和光純薬
    メーカーサイト製品ページ
    カタログダウンロード

    ※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

    • 試験結果の例
がん細胞の増殖・退縮のリアルタイムでの観察・抗がん剤の治療効果の全身イメージング
(Katz et al. Journal of SurgicalResearch 113, 151-160(2003).)
    • 腫瘍面積と腫瘍体積の相関性
(Katz et al. Journal of SurgicalResearch 113, 151-160(2003).)

    関連の受託サービス一覧

    ウサギポリクローナル抗体作製 - バリュー抗体

    ユーロフィンジェノミクス

    70,000
    円〜 (税別)

    ウサギポリクローナル抗体作製 - バリュー抗体

    免疫組織化学染色

    免疫生物研究所 IBL

    免疫組織化学染色

    エンドトキシン測定受託サービス

    富士フイルム和光純薬

    エンドトキシン測定受託サービス

    関連の機器一覧

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。