PAGETOP

製品の特長

2001年3月の食品衛生法関連法令の改正により、「アレルギー物質を含む食品に関する表示」が特定原材料5品目(卵、乳、小麦、そば、落花生)について義務付けられました。

2008年6月から、表示義務を伴う特定原材料に「えび・かに」が追加されました。20品目についても可能な限り表示するよう努めることが推奨されています。

2013年9月に消費者庁より、表示推奨品に「ごま」と「カシューナッツ」が追加されました。

本検査は最終製品検査のみならず、製造工程や原料の管理においても有用です。

コンタミネーションのチェック、製造ラインの洗浄工程の確認等にご利用ください。

特定原材料7 品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)について、消費者庁通知指定キットを使用したELISA法による定量試験を行います。

小麦・卵・乳・そば・落花生については、日本ハム「FASTKITエライザVer.Ⅲ」、森永生科学研究所「モリナガFASPEK特定原材料測定キットⅡ」、プリマハム「アレルゲンアイ® ELISAⅡシリーズ」から1社または2社のキットを使用します。

甲殻類(えび・かに)については、マルハニチロの甲殻類キットⅡ「マルハ」および日水製薬のFAテストEIA-甲殻類Ⅱ「ニッスイ」の両方、またはどちらか一方のキットを使用します。表示推奨品目の大豆のELISA法については、日本ハムのキット「FASTKITエライザVer.Ⅲ」を使用します。

注意事項

・検体の搬送は、食品ごとに指定された保存方法にて土日、祝日およびオリエンタル酵母工業休業日を除く平日着でお送りください。

・送料はお客様ご負担となります。予めご了承ください。

・検体がオリエンタル酵母工業(長浜ライフサイエンスラボラトリー)に届く前に腐敗・変質し、検査不可能となった場合は、その責任を一切負いかねますので、予めご了承ください。

・消費者庁通知法に記載のDNA 抽出法(イオン交換樹脂タイプキット法)で十分量のDNA が抽出できない場合は、PCR 法による「検知不能」と判定いたします。

DNA が抽出された場合でも、植物または動物DNA 検知用プライマー対を用いてPCR 反応を行った結果、増幅バンドが検出されない場合は、PCR 法による「検知不能」と判定いたします。

・「検知不能」の場合であっても検査料金は申し受けますのでご了承ください。

本検査による特定原材料、および特定原材料に準ずるものの有無につきましては、検査結果だけではなく原材料や製造記録の確認等、他の方法と合わせてご判断ください。なお、検査結果は当該検体の結果であり、母集団の結果を示すものではありません。

・検査途中でのキャンセルの場合、キャンセル費用が発生します。

検体送付先

〒526-0804 滋賀県長浜市加納町50番地

オリエンタル酵母工業株式会社 長浜ライフサイエンスラボラトリー

仕様

サンプル種類加工食品等
解析法ELISA法(定量) WB法(定性) PCR法(定性)
報告内容試験報告書
目安納期ELISA法:6 営業日 WB法:6 営業日 PCR法:6 営業日 制限酵素消化法:5 営業日
その他検査方法: 検体必要量
ELISA法: 30 g以上(1包装以上)
WB法: 30 g以上(1包装以上)
PCR法: 30 g以上(1包装以上)/200mL以上(液体)
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーオリエンタル酵母工業
販売元富士フイルム和光純薬
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

    関連の受託サービス一覧

    リン酸化タンパク質発現・相対定量解析

    ファーマフーズ アプロサイエンスグループ

    リン酸化タンパク質発現・相対定量解析

    iTRAQ®試薬を用いたタンパク質発現・相対定量解析

    ファーマフーズ アプロサイエンスグループ

    iTRAQ®試薬を用いたタンパク質発現・相対定量解析

    リピドーム・メタボローム解析受託

    かずさゲノムテクノロジーズ

    リピドーム・メタボローム解析受託

    関連の機器一覧

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。