PAGETOP

製品の特長

染色体ベースでの解析から凍結切片やパラフィン包埋切片の解析まで、FISH(fluorescence in situ hybridization)法を用いた幅広い解析を行います。

染色体解析ではヒトやマウスのほか、ラット、ハムスター等のげっ歯類、ニワトリ、ニホンウズラ等の鳥類、シマヘビ、スッポン等の爬虫類に至る広範囲な動物種に対応いたします。

基本サービス

・高精度染色体マッピング

・組織切片でのFISH解析

・微生物FISH解析

・ヒトおよびマウスでの染色体異常解析

・ES細胞・iPS細胞の染色体検査

・トランスジェニック動物のホモ・ヘテロ解析

・減数分裂時の対合異常解析

仕様

サンプル種類FISH解析
解析法蛍光顕微鏡
報告内容顕微鏡写真および解析データ
目安納期高精度染色体マッピング:1.5ヶ月 簡易核型解析:1ヶ月 マルチカラー核型解析:2ヶ月 遺伝子型解析:1.5~3ヶ月 間期核FISH解析:お問合せ
その他■解析メニュー: 価格
高精度染色体マッピング: 300,000円~
簡易核型解析: 150,000円~
マルチカラー核型解析: 400,000円~
遺伝子型解析: 300,000円~
間期核FISH解析: 条件検討300,000円~ 本解析50,000円~
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカークロモソームサイエンスラボ
販売元富士フイルム和光純薬
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

  • ■マウス脳パラフィン包埋切片でのY染色体とX染色体の検出
赤いY染色体ペインティングプローブのシグナルと、黄色いX染色体プローブのシグナルが青い核の中に確認できます。
  • ■マウス培養細胞でのマルチカラーFISH解析
マルチカラー解析の結果、このマウス由来細胞は第6染色体のトリソミーおよび第16染色体の転座が確認されました。
  • ■脳腫瘍組織での遺伝子領域のGain/Loss解析
ターゲットを黄色、リファレンスを赤色にプローブを設計しFISHを行った結果、腫瘍領域(左)ではターゲット領域のLossが
確認された。右は正常領域。

関連の受託サービス一覧

ウサギポリクローナル抗体作製 - バリュー抗体

ユーロフィンジェノミクス

70,000
円〜 (税別)

ウサギポリクローナル抗体作製 - バリュー抗体

関連の機器一覧

注意事項

  • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
  • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。