PAGETOP

製品の特長

解析内容

MALDI-TOFを利用してタンパク質の翻訳後修飾を分析します。

MALDI-TOFでゲルや溶液の中のタンパク質の修飾についてMS分析を行います。

分析には予め予測される修飾の種類をご連絡いただく必要が御座います。

下記の「タンパク質翻訳後修飾の種類」から、ご希望の項目をご選択ください。

概要

プロテオーム解析には二次元電気泳動と、質量分析という二つの重要な技術があります。二次元電気泳動法は等電点電気泳動と SDS 電気泳動のニつを組み合わせることにより、細胞内の全タンパク質を数千以上にもおよぶスポットに分離することができます。それぞれのスポット中のタンパク質をトリプシンで分解し、質量分析で解析することでペプチドの質量や部分配列情報が得られます。これらの情報をデータベース検索することでタンパク質の同定や様々な翻訳後修飾の分析が可能です。

Genomine 社は国内外で多数の解析実績を有しており、二次元電気泳動による試料間の比較解析から質量分析計によるタンパク質の同定までプロテオミクス研究を推進する解析一式をご提供致します。

仕様

サンプル種類CBB染色もしくは銀染色によって染色したゲルから切り出したバンド (もしくはスポット)
解析法Microflex LRF 20 (Bruker Daltonics)
報告内容データはFTPサーバーにアップされますので、そこからダウンロードして頂きます。 修飾の候補リスト MALDI-TOF MSのスペクトルデータ(gifファイル) 解析の報告書
目安納期7営業日
その他ボリュームディスカウント実施中!! :
10~19検体 : 10%OFF
20~29検体 : 20%OFF
30検体以上 : 30%OFF
メーカー希望小売価格(税別)60,000円
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。
メーカーGenomine
販売元コスモ・バイオ
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード製品カタログ

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。